【駐車場完備】お気軽にお問い合わせください
営業時間:16:00-23:00 定休日:第3木曜日

カルビのおいしい焼き方と味の違い。焼肉大ちゃん有田店~早良区~

早良区の焼肉大ちゃん有田店です。

今回は、焼肉大ちゃんのカルビについて説明します。

大ちゃんのカルビっていっぱいあるよね。違いがわからない・・・。
わかりました。一つずつ説明していきます。

同じカルビなのにナニが違う?

同じカルビでも部位によって味の違いはハッキリしています。

なるべく簡単に、焼肉大ちゃん的な説明をします。

大ちゃんカルビ【宮崎牛】

大ちゃんカルビ【宮崎牛】

柔らかさ:柔らかい方

脂:脂はちょうどいい量

赤身と脂のバランスが半分ずつのカルビ。

赤身も美味いが、脂も美味い!

バランスがとれたカルビです。

宮崎牛カルビ

宮崎牛カルビ

柔らかさ:硬くない

脂:脂はちょうどいい量

大ちゃんカルビと同じく赤身と脂のバランスは半分ですが、味はあっさりしています。

小さな子から年配のかたまで、肉の旨味をしっかり味わいたい方にオススメするカルビです。

霜降りカルビ【宮崎牛】

柔らかさ:柔らかいというよりトロける感じ

脂:他のカルビの中ではもっとも多い

特に脂が美味い宮崎牛の霜降りカルビ。

脂の旨味がギュッとつまったカルビは、口のなかに入れると溶けるような滑らかさ。

よくテレビで「口のなかで溶けた!」と聞くと思いますが、そのとおりだと体感できる美味しさです。

ロースター(焼台)で焼くから、余計な脂が落ちていい感じになりますよ。

やわらかカルビ【宮崎牛】

やわらかカルビ【宮崎牛】

柔らかさ:とても柔らかい

脂:脂は少なく、赤身をしっかり味わえる

やわらかカルビの最大の特徴は、赤身が強いけどやわらかく、脂が少ないのに旨味がしっかり楽しめる。

100回食べてももう1回食べたくなる味なんです。

中落ちカルビ【宮崎牛】

柔らかさ:硬くない

脂:脂はちょっと多めですが、しっかり味がある

中落ちカルビの特徴は、骨の近くの部位なので肉に旨味が伝わってます。

焼肉大ちゃん流!おいしいカルビの焼き方

焼肉大ちゃん流!おいしいカルビの焼き方

焼き方次第でお肉の味は変わってきます。

硬くならない焼き方が知りたいです。
焼き方一つでお肉の味がかわります。焼き方を伝授しますね。

美味しく焼くポイント1:焼く位置

火の上は避けて、できるだけ真ん中で焼きましょう。

一気にバァーと焼きたいけどな。
気持ちはわかりますけど、鉄板だから焼けやすく、火の上は焦げやすいです。

美味しく焼くポイント2:タイミング

美味しく焼くポイント2:タイミング

肉やホルモンを鉄板で焼く時は、片面を6割ほど焼いてからひっくり返しましょう。

ひっくり返すタイミングは、肉から少し水分がでてくる瞬間です。これを大ちゃんは、”肉の汗”と表現しています。

何回もひっくり返すのはダメ?
何回もひっくりかえさずに、肉が汗をかき始めたらひっくり返す。

美味しく焼くポイント3:焼く順番

鉄板が汚れたらすぐに交換しますが、その前に肉を焼く順番を知るだけで美味しく食べれます。

まずは、”塩系”で味付けしている部位から食べることをオススメしてます。

次に”タレ系”。最後に、”味噌系”。

カルビの味付けは選べます。あとは、焼く順番だけを知っておくだけでOKです。

塩系(主にタン・カルビ系)

タレ系(カルビ・ハラミ系)

味噌系(ホルモン系)

まとめ

焼肉大ちゃんの自慢のカルビたちの違いと比較、美味しく焼ける方法を説明しました。

最初はわかりずらいですが、意識して食べるとすぐに違いがわかります。

また、しっかり見ながら焼くことで美味しい焼き方をマスターすることができます。

美味しい焼肉を楽しむ方法の一つとしてやってみて下さい。