【駐車場完備】お気軽にお問い合わせください
営業時間:16:00-23:00 定休日:第3木曜日

焼肉屋とスーパーの焼肉丼の味の違いに感動した体験談

早良区の焼肉大ちゃん有田店です。

今回は焼肉屋とスーパーの焼肉丼のお肉の違いに感動したお客様の体験談です。

丼物が大好物です

カツ丼や牛丼、焼肉丼を始めとしたお肉系の丼は、週に何度か食べる程の大好物です。

よくスーパーマーケットのお惣菜コーナーで発見する度に、頻繁に購入していました。

お味の方は専門的には到底及びませんが、リーズナブルな価格を考慮すると、コスパに優れているため、納得がいっていました。

ただ、カツ丼にしろ、親子丼にしろ、スーパーごとの違いがあまり感じられないのは、やはり物足りないなと感じていました。

焼肉屋の焼肉丼は一味違う

美味しいお肉を提供している焼肉屋の丼を食べたいと思い、テイクアウトで注文することに決めました。

見た目は、スーパーマーケットで売られている丼と大差は無かったのですが、決定的な違いがお肉の脂身と赤身にはありました。

焼肉屋のお肉は、噛みしめる程にジュワーッとお肉本来の旨味が堪能でき、タレが無くてもそのまま美味しく頂けるなという印象でした。

魚に例えるなら、スーパーで販売されている丼のお肉は、癖のない白身魚にたっぷりのタレやソースで味付けされている感じです。

焼肉屋で注文できる丼のお肉は、サーモンや鮪(トロ)のように、お醤油やワサビを付けなくても、濃厚な味わいが楽しめるような感じです。

お値段は上がってしまいますが、それに見合った質の高さを受けられる点では、焼肉屋のテイクアウトもアリだなと嬉しく思っています。